2種類の食物繊維

食物繊維は野菜、果物、海藻、キノコなどに多く含まれ

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維野2種類あります

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維はお腹で膨らみ水を吸い大きく膨らみます

ダイオキシンや水銀など有害な物質を吸着して体外に出してくれ

ゴボウなどの繊維の多い野菜に含まれるセルロース、ヘミセルロース、キチン、キトサンなどに含まれ

腸の蠕動運動を活発にして排便を促します

不溶性食物繊維が多く含まれる食品

インゲン豆、えのき、切り干し大根、小麦ふすま、干し柿、アーモンド

ヒヨコ豆、小豆、オカラ、エリンギ

食物繊維の摂取量は毎年減少していて女性が1日で必要な量17g男性は19g以上とされています

現在の調査の結果では10代から40代までの男性と女性の食物繊維の摂取量は

1日で14gで1日で必要な量には届いていません

食物繊維の不足により腸内環境の悪化で便秘などの状態の人が大勢増えています

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維です

水溶性食物繊維は水分を保ち水に溶けるとドロドロになります

炭水化物の消化や吸収を遅らせて食事中や食後の血糖値の上昇を抑え

コレステロールなど脂質を体外に排出して体内に吸収されるのを抑える働きがあります

また腸内の粘膜を保護する作用や善玉菌を増加させる作用、お腹の調子を整える整腸作用があります。

野菜やフルーツに多く含まれリンゴのペクチンや蒟蒻いもに含まれるグルコマンナンや

ワカメなど海藻類に多く含まれるアルギン酸などのがあります

水溶性食物繊維多く含まれる食品

海藻類、ゴボウ、納豆、アボカド、ゆりね、オクラ、山芋、明日葉

便秘の原因

便秘は3日以上排便がない状態や1週間で排便の回数が2回以下の人が便秘といわれます

便秘の原因は人それぞれで原因も様々ですが便秘には急性便秘と慢性便秘の2つがあります

 

一過性便秘

生活習慣や食事やダイエットなどの生活環境の変化により起こる便秘です

今まで便秘になったことがないが急に便秘になるなどの症状です

お腹が張るなどの症状が出ますが生活習慣がもとに戻るとすぐに治る一過性のものです

 

急性便秘

腸捻転や腸閉塞などの病気などが原因で急に起こる便秘になります

 

機能性便秘

腸内の機能が低下して起こるのが機能性便秘です

お腹の張りや疲れるなど一般的な便秘の症状を伴う便秘です

さらに細かく分類され3つのタイプの弛緩性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘(過敏性腸症候群)があります

 

慢性便秘

大腸がんや大腸ポリープなど病気が原因のものです

女性の場合は子宮筋腫で腸が圧迫され便秘になることもあります

食事の改善や生活習慣の改善で良くならない場合は病院に受診しましょう

 

排便の減少

便秘は一般的に排便が1週間で3回しかない状態を便秘と言います

通常は腸の状態が健康であれば腸のぜん動運動が起こり排便があります

 

排便のときの不快感

便意はあるが中々出ない、強くりきまないと出ない、出したのにすっきりしない

排便の不快な状態は腸の働きの衰え便の硬さなどにより起こります

 

お腹の張り

お腹が張って苦しい、お腹にガスが溜まっている、お腹でグルグル音がする、お腹の下側が痛いなど

お腹の張りで痛みや不快な状態も便秘でよく起こる症状です

お腹が張る症状や腹痛などの症状はお通じの減少に伴い起こり

腸の働きの低下や便が溜まることで起こります

 

頻回便

固くて小さい便しか出ない、1日に硬い便が何度も出るなどの症状は便秘のよくある症状です

病気以外は主には腸の働きが悪くなり便が硬さや大きさの変化で起こります

 

胃痛、胃もたれ、頭痛

便秘の症状のある人には胃痛、胃もたれ、頭痛などの症状の出る人もいます

便秘と関係ないように思われますが便秘はストレスとも関係があるので

ストレスによりこのような症状が出ることがあります